しわの予防は乾燥予防・肌の乾燥しわ対策

保湿対策がしわ、たるみ予防の最善策

しわやたるみの原因の一つとして、お肌の乾燥・水分不足が挙げられます。

お肌は、真皮層の上に表皮というものが存在しています。

表皮は肌の一番上にある層のことで、表皮自体も角質層・顆粒層・有棘層・基底層というように複数の層で出来ています。

この中の角質層の厚さは、わずか0.02ミリメートルで、約30%が水分で成り立っています。

細胞の中には天然保湿因子(NMF)が、細胞間には脂質やセラミドなどから出来ている多重層構造があり、これらが保水をする為にお肌は乾燥せずに潤いを保っています。

また、水分の蒸発自体も皮膚表面に出来ている皮脂膜(皮脂腺と汗腺からの分泌で出来る膜)によって防がれている為、しわやたるみは出来ません。

以上のようにして、お肌は滑らかさや潤いが保たれているのですが、日々の加齢やストレスなどの原因で天然保湿成成分が減少してしまい、お顔にしわやたるみが出来やすくなるのです。

また、お肌の表皮は乾燥によって弾力が失われる為亀裂が出来やすくなります。

これがたるみだけでなくしわの原因となるのです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

乾燥からくるしわやたるみ

お肌の乾燥は、しわやたるみの大きな原因です。

特に冬場は乾燥しやすくなる為注意が必要です。

春や夏と同じスキンケアでは、肌は乾燥気味になってしまいます。

また、冬場は気温が低い為に周囲の気温より体温のほうが高く、肌の水分が蒸発しやすい環境なのです。

冬は、水分を取るだけでなく、水分が蒸発しないように乳液やクリームといった油分で保湿することが、しわやたるみを防ぐ手段として効果的です。

また、夏場は冷房で、冬場は暖房で室内が乾燥状態になることがよくあります。

部屋の湿度が低い場合も肌がダメージを受けてしわやたるみが出来てしまいます。

職場など、外出先の場合はフェイスミストを携帯しましょう。

顔に細かいミストを吹きかけることで化粧を崩さない肌の保湿が可能となります。

自宅の場合は加湿器が一番です。

例えばホテルなどの宿泊先の時には、バスタブに水を張ったり、濡らしたタオルをハンガーにかけたりすることで、加湿器の代わりになるので覚えておきましょう。

タンパク質が不足すると肌が乾燥してしわやたるみが増える為、食生活にも気をつけなければなりません。

油分が多いものやレトルト・加工食品、ファーストフードはなるべく避けて栄養バランスの良い食生活を送ることを心がけましょう。

タンパク質の他には、ビタミンB群やビタミンCもしわやたるみのない、美しい肌の為に効果的です。

食事での摂取が難しければ、サプリメントでも良いでしょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

乾燥やそれ以外のしわやたるみの原因

肌のしわやたるみは乾燥だけでなく加齢に伴って、ハリや弾力が失われることが原因です。

年齢を重ねると肌の弾力の支えとなるコラーゲンやエラスチンが減少します。

それにより顔の表情筋を支える力が失われ、垂れ下がってきてしまいます。

また、年齢肌になると顔の筋肉自体にたるみが生じてくるようになります。

コラーゲンの減少は年齢だけでなく紫外線や喫煙などからのダメージや乾燥も原因です。

若い人でも表情筋を使わないと、顔にもたるみやしわが出てくるのです。

接客業の人は日常的に笑顔を求められますが、技術職の人や一日中パソコンに向かう作業の人はどうしても無表情で過ごしがちです。

また、喜怒哀楽といった感情や表情豊かな人ほど、日ごろから表情筋が鍛えられている為しわやたるみはそうでない人よりは少なくなります。

肌のたるみやしわは知らない内に進行しているのです。

早目に気付くことで、しわやたるみへのケアや対策も早くから始められる為症状を最小限に抑えられます。

しわやたるみの症状確認ポイントはいくつかあります。

朝起きた時や昼寝後の頬についた枕のあとが消えにくかったり、指で頬を押した時の戻りが遅かったり、以前に比べて口角が下がっていたりしたら危機感を覚えて下さい。

また、肌がたるむと毛穴が楕円形になる為、頬を引き上げると毛穴が目立たなくなる人は肌がたるみ始めている証拠なのです。

他、乾燥しがちな肌の人も注意が必要です。

乾燥はしわやたるみの最大の原因なのです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

化粧品で乾燥やしわ、たるみの対策

しわやたるみの大きな原因は肌の乾燥です。

しわやたるみの原因である肌の乾燥を防ぐ為には、日ごろからの肌の保湿すが大切です。

まず、洗顔は低刺激のクリームや乳液タイプのクレンジングを使用した後に固形石鹸で洗顔をします。

そして化粧水での水分補給です。

ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン等配合されている化粧水は、水分が取り込まれやすくなります。

化粧水の次は美容液です。

「塗るボトックス」と呼ばれているアルジルリンは、表情筋の緊張をリラックスさせる効果がある為、表情しわの気になる部分につけると良いでしょう。

最後にクリームです。

肌の水分が蒸発して乾燥しないように、油分で覆います。

目元や口元など、皮膚が薄くしわやたるみが出来やすい部分には丁寧に塗りこみましょう。

定期的なパックもおすすめです。

目元専用のパックや美容液もあるので確認してみましょう。

しわやたるみの対策化粧品として有名なのは再春館製薬所の「ドモホルンリンクル」です。

再春館製薬所は元々漢方の製薬会社の為漢方薬に精通しています。

漢方には乾燥やしわ、たるみ等に対して即効性や一時的な回復力はありません。

しかし、本来人間が持つ自己回復力を使って、自然にじっくり治すという考え方があるのです。

ドモホルンリンクルを初めて使う人には、メイク落としからパック、保湿液、乳液、クリームなどが3日間、無料で試せるセットがある為、乾燥やしわ、たるみに悩む人がいれば頼んでみるのも良いでしょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

しわとたるみと乾燥と

しわやたるみの原因の一つとして、お肌の乾燥・水分不足が挙げられます。

お肌は、真皮層の上に表皮というものが存在しています。

表皮は肌の一番上にある層のことで、表皮自体も角質層・顆粒層・有棘層・基底層というように複数の層で出来ています。

この中の角質層の厚さは、わずか0.02ミリメートルで、約30%が水分で成り立っています。

細胞の中には天然保湿因子(NMF)が、細胞間には脂質やセラミドなどから出来ている多重層構造があり、これらが保水をする為にお肌は乾燥せずに潤いを保っています。

また、水分の蒸発自体も皮膚表面に出来ている皮脂膜(皮脂腺と汗腺からの分泌で出来る膜)によって防がれている為、しわやたるみは出来ません。

以上のようにして、お肌は滑らかさや潤いが保たれているのですが、日々の加齢やストレスなどの原因で天然保湿成成分が減少してしまい、お顔にしわやたるみが出来やすくなるのです。

また、お肌の表皮は乾燥によって弾力が失われる為亀裂が出来やすくなります。

これがたるみだけでなくしわの原因となるのです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Return to page top